LINK
 私は、こと利便性だけを考えたならば、電子書籍はとても素晴らしいものだと思っています。たとえば、私の部屋はマンガや小説などで埋め尽くされており、まさに足の踏み場もないほどなのですが、もしもそれらがすべて電子書籍であるならば、そんな状況にはなりません。  電子書籍を保存できる端末やパソコンのハードディスクさえあれば、部屋をとてもスッキリさせることができます。また、端末ならばそれを持ち歩き、いつでもどこでも好きなときに好きな本を読むことができるのです。これは、本好きにとってはとても嬉しいことです。  しかし、従来の本好きですと、そうは単純に利便性だけを考えられないのもまた事実です。それは、本特有の手触りや紙を見ることによる癒し、年月が経過して本が古くなっていく感じなど、そうした紙の本が持つ魅力を手放せない人も多くいると思うからです。ですから、たとえ電子書籍が普及したとしても、すべての本が電子書籍になることはないと私は思っています。