現実にノートPCの前に座り変動しているマーケットを目を向けていると、理由無くトレードをしなくてはいられないという思いに煽られる場合も少なくないと思います。79-19-61

しかし、不明瞭な思いつきでエントリーすることは断じてしてはいけません。79-2-61

ご存知の通り、相場は1日中どういう時でもいずれかの為替相場は関いているし為替レートもいかなる時でも変動しています。79-5-61

だからといって、闇雲に注文を重ねていると、その回数だけ損失が生じる可能性が高くなります。79-14-61

当たり前ですが、売買の数を経験することによって、トータルで勝つ確率か半々になるのは周知の通りです。79-6-61

でもその事実は「ぼんやりとした感覚で取引」することとは別の話です。79-1-61

注文回数を増やすというのは、自分が「ここは!」と思えるチャンスを持った場合のトレード回数を積み重ねるという事を言っています。QuSomeモイスチャー リッチクリーム

特段の理由も無く、ひっきりなしにトレードをするのとは大きく違います。79-8-61

マーケットの駆け引きに負けないためには自ずから考えて緩急をつけることこそが重要です。79-20-61

「ここはいける」と考えた相場の時には覚悟を決めて所有ポジションを増やして、意識して利益を追い求めます。79-4-61

「だいぶ分かりにくい外国為替相場でどう上下するのか予想できないな」と考えた時は潔くポジションを全部諦めて何もしません。

それぐらいのテンポでやった方が結果的に注文は儲けられます。

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがあります。

実にその通り。

外国為替相場とは常時売買ポジションを持っていることがすべてではなく、どの売買ポジションも持たないでじっと見ていることも事態によっては、FXです。

そうであるならば、どういう時に休むべきなのでしょうか。

最初に言われるのが先に述べたように、最近の相場展開が曖昧で見通しがきかない時ですそこから円高になるのか、それとも円安になるのかが明確でない時は、思いつきで行動すると、自身の考えたストーリーとは違った方向に相場が変動してしまい損をする事になります。

そういった時はポジションを無くしてそのまま見ているだけが最良の選択です。

2番目に、あなた自身の体の具合が思わしくない時です。

健康状態と為替相場に関係しないと思う人もいると思いますが現実には思ったより関係あります。

コンディションが思わしくなければ、マーケットの失敗できない場面で、正確な決定をする事ができません。

気分が乗らない時は取引から距離を置くことも重要な事です。