LINK

初心者用の外為取引のテキストでは、「損失が生じた場合はナンピンをすることで平均のコストを低くする事が出来る」等書かれていると思いますが、正直に言うとナンピンには相当の引っ掛けがある。

まず最初に、ナンピン買いのロジックについて簡単に記述しておきます。

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。

$買いのため、ドル高に動くほど利益が大きくなるわけですが、反対に1ドルが95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。

このままの場合ポジションを持ち続けたら、マイナスをなくすためには、5円分円安が進まなければなりません。

誰でも、マイナスはなるべく早く0にしたいと願います。

ここではじめにエントリーしたのと同じだけの$を1ドル=95円でエントリーします。

そうすると、全体のコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

この結果、2円50銭の幅でドル高に向えば、損失を取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピンの理屈です。

このような、ナンピン買いの手法を耳にすると、「もっともだ」という気分になるが、為替相場はそう簡単には問屋を卸しません。

元々、95円が底だということなど、なんびとも分かりません。

もし、マーケットが相当に強いドル安基調だったら、1ドル=95円では止まることなく、更に一段の円高ドル安が加速する可能性はあります。

たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いをしたとしても、1ドル=95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピン買いを入れたポジションも、差損が生まれることになってしまいます。

この状況では、初めに取引したドルとあわせて、倍のマイナスが生じます。

このように、ナンピンは一筋縄でいきません。

それでは、マーケットが筋書きとは逆向きにすぐに進む場合、どういう対応で危機を管理すればいいのでしょうか。

この場面では選択する方法は2つだけあります。

最初のひとつは執着しないで損失を確定する事です。

もうひとつの手段としてはその時点で、自分か保持している買いポジションを少なくする事によって再度相場が元のようになるのを黙って待つことだけです。

ちょっと後ろ向きなやり方だと考える人もいます。

だが、自分のポジションに差損が生じた場合、効果のある方法はこの2つ以外にはありえません。

言うまでも無く、考え方としては、ナンピン買いを入れるという手法もあると思います。

だけどナンピン買いは自分自身が損失を披っている状態で、ポジションを小さくするどころか反対に買いポジションを積み重ねていく手段です。

この対策では、危険性を管理することなど、どう頑張ってもやりようがない察するべきです。

ナンピン買いを続けられればいつの日にか勝てるかもしれません。

だが、それより前に投資資金が不足してしまいます。