LINK

通常の初心者用の外国為替証拠金取引の書籍では「マイナスになった時はナンピン買いすることで、ポジション全体の買い付けコストを小さくする事が出来る」等述べられていたりする事もありますが、正直それには目に見えない罠が隠れています。浮気を疑う行動ランキング

ナンピンのロジックに関してとても簡単に述べます。ボニック

仮に100円で1ドルを買ったとします。アイプチ 人気

$(ドル)買いですから円安に進むほど黒字が出るわけだが不幸にして1ドル=95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。プロミス 在籍確認

その場合維持し続けたとしたら、マイナスをなくすためにはマイナス分、円安に動く必要があります。

投資家であれば、マイナスは早めに戻したいと願います。

ここで最初に買ったのと同じ量の$を買い増しする。

それによって、全体の買い付け価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。

結果として、半分の幅で円安ドル高が進むと、マイナスを失くせます。

こういったことがナンピンの手法です。

このような、ナンピン買いの方法をみると「確かに」という風に思うが、市場は易々と思い通りにはいきません。

初めから、1ドル95円が底だということなど誰にも予想できません。

もし、外国為替市場がドル安トレンドだとすると1ドル=95円ではとどまらず更に一段のドル安にいく可能性があります。

一例として、97.50円でナンピンをしたとしても1ドル=95円までドル安になっとしたならば、ナンピン買いを入れたポジションも、赤字が生じます。

これでは、一番初めに取引したドルとトータルで更なる差損を被ることになります。

このように、ナンピン買いは難しいのだ。

ならば、相場が自分の脚本とは逆にさっさと向う場合どのようなやり方で危険性を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では取るべき選択肢は2つだけあります。

まずひとつは潔く、損切りをすること。

もうひとつの方法としては、あなたが所持している買いポジションを縮小することによって外国為替市場が元のようになるのをひたすら待ち望む事だけです。

かなり控えめな手段だとみる方もいるでしょう。

けれども、所有しているポジションに損失が出た場合、最も正しい術はこれ以上のものは考えられません。

勿論、ロジックのうえではナンピンする対策もあるように思える。

だけどナンピンは、自身が損をしているにもかかわらずポジションを減少させるどころかポジションを積み増していく手法です。

この方法では、危険性をコントロールすることなど、どう考えても無理だと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをし続けられればいつかは利益を上げられるかもしれません。

でも、そうなる先にお金は無くなってしまいます。