LINK

自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険と言い、通称自賠責保険と言われる保険になります。

このような保険は強制保険と呼ばれ、自動車を決められた期間ごとの車検に出す時は、決められた期間内に効力のある自賠責保険に加入している必要があります。

つまりは全ての車は加入が必要だという保険なのです。

ではその車が自賠責保険に入ったまま手放した際にはどうなるでしょうか。

自動車損害賠償責任保険は車検の際に更新をするというケースが少なからずあったりしますが仮に自動車損害賠償責任保険に入っているクルマを売却した場合はその金額が戻ってくるという事例はあまりありません。

なぜなら自賠責保険を一旦抹消して新しい所有権を持つ人シフトするということはやや面倒なのです。

なので、自動車損害賠償責任保険の場合は名義変更をした後に車とともに渡すのが基本です。

ただしそれと同等の価格を買取金額に乗っけてくれるのです。

自賠責保険というのは自動車税とは異なり支払い済みの額を1ヶ月単位で割り算した金額が返還されるのではなく買取額に足すという手段がとられることが普通ではありますが、買取査定書に明記されるようなことはほぼありません。

なので引き取りの場合は自動車損害賠償責任保険の金額が売却額に含まれているかを確認する必要があります。

自分で納付した金額がどの程度かを知っておけば見逃すことはないと思います。

それぞれの自賠責保険にかかる額に関しては契約期間により変わってくるものなので注意してください。

クルマの買取の時には保険の名義変更をする必要があります。

名義変更をしないままにしていたら、保険会社より自分宛に保険の満期便りが来てしまいます。

あなたが手放すか悩んでいる自動車がほんの少しでも高額で査定されることを応援したいと思います。