一般的に保険会社は至れり尽くせりと告知をしていますが、事故にあった状況で絶対にきちっと対応してくれるか気に掛かります。80-6-61

特にインターネットで加入する通販型と言われる代理店所有していない車の保険会社では対応が分かりにくいという状態も不安になるかもしれません。80-2-61

しかしながら通販型自動車保険と現実にある店が整っている保険会社の対応力にそれほど大きな差異はございませんし、ダイレクト型のほうが固定費がかからない分保険掛金が低く抑えられているので車の事故に巻き込まれなければ月々の保険掛金を抑えることが可能になります。80-4-61

じゃあ、自動車保険の違いによって取扱いに差異があるかと聞かれれば答えはイエスです。80-15-61

その優劣は代理店型自動車保険、通販型というような違いではなく個々の保険会社によって事故処理をしてくれる時間帯や曜日が違うことが挙げられます。80-9-61

事故はいつ遭遇するか推測できませんので、受付は四六時中対処してくれるのは必須条件で、そして休日や夜間にそのような対応が正確にされているかを調べてみることをお勧めします。80-16-61

保険会社によっては、365日事故受付という条件でも事故の対応時間が休みの日は異なり短くされている場合もありますので注意が必要です。80-10-61

これとは別にまさかの時を想定して自動車保険の会社の事故対応拠点もきっちりと調べておくことも重要です。80-20-61

たとえ保険屋さんでも事故処理拠点が少なければ事故対応がすぐに行えないこともありますので、家の近くに事故対応拠点があるかどうかも事故の対応の違いを決める基準です。80-11-61

大きな自動車保険会社は地域ごとに事故処理拠点が存在するケースもあるので事故対応も質が高くその状況でするべき処置もきちんと判断をしてくれると評判です。80-8-61